メールフォーム、メルマガ配信、お問い合わせフォーム、アンケートフォーム、ご注文フォームを簡単に作成!

タイプによって異なるメールフォームの作り方

現在は実店舗の存在と変わらないほど
ウェブサイトの存在が経営に際して重要度が

高くなってきているため、
ウェブサイトの状態がお客様にとって不便さを
感じてしまう様子になっていると、

経営に直接的に悪影響が及んで
しまいます。そこで、ウェブサイトを運営
するにあたり欠かしてはならず、

尚且つ利用者にとって高い利便性を
感じて頂けるよう、抜かり無く環境を
整えておかなければならないのが
メールフォームの存在です。メールフォームという

のはお問い合わせフォームと呼ばれる
事もある上、様相も各々により
大きな差異がありますが、共通

しているのはウェブサイト上から
文言で企業などに対し、伝えたい

情報やお問い合わせをしたい情報を
書き込み送信するという意味合いが込められて

いる事です。もちろん、迅速に
内容が伝えられるという観点では
電話を用いて口頭でお話した

方が早いのですが、電話を
苦手としている方は多いですし、

お伝えしたい内容によっては文字情報に
した方が理解しやすい場合も

あるので、メールフォームの手配は
必須です。また、電話対応の
場合だと対応に当たるスタッフの
確保をする必要性が無い上、

受付時間という概念が払拭でき24
時間365日受け付けられるため、お客様にとって
利便性が高く感じて頂けます。
そうした利点が多いメールフォームの作り方で

基本になるのはできるだけ入力する
負担を軽減させるべく、シンプルな
メールフォームにする事なので、
専門的ではなく一般的な

メールフォームを備えておきたいのなら
名前とメールアドレス、内容という3つの

項目のみで構成するようにしましょう。
また、カタログの送付など今後お客様に
なって頂ける可能性が高い場合の
メールフォームでは名前や郵便番号、

住所や電話番号といったより一層詳細な
情報が記入できるようにフォームを
配置します。さらに、ECサイトなど
直接的に注文を受け付ける事を目的に

しているのならSSL通信と
合わせて、クレジットカードの入力システムも
備えるような作り方をしていきます。

一般的な問い合わせのメールフォームであれば
HTMLとPHPで構築できますが、

ECサイトの場合は尚一層専門
性が高い知識と技術を要します。